オンラインショップ 陶器専門店【独歩堂】へようこそ! 陶器のことならおまかせください。
どっぽどうロゴ 佐藤走波の組み湯のみ ご注文・お問い合わせ
10:00〜19:00

メールメール info@doppo.net
フリーダイアルフリーダイアル 0120-39-3236
どのようなご質問でも構いません、
どうそお気軽にお問い合わせください!
ホームに戻るギャラリー百年舎(や)お問合せ総合案内
PARIS マーク
マーク 100年前の原型から生まれた
19世紀の忠次製
瑠璃陶箱 フランスのシェフを魅了した瑠璃陶箱の魔法。
染め錦春秋紋陶箱
瑠璃陶箱 この陶箱は、明治の深川様式の特徴を余すところなく伝えている。深川独自の瑠璃を彩色し外側は、実にシンプルな仕上げに見える。ここに伝統的な有田焼きの特徴である釉薬の掛け分け技法を見ることが出来る。ノンスリップの地肌に金色が渋くひかる。昨年のパリ深川展でフランスのモード関係者を感動させた技法一つである。蓋を開ければ、蓋裏にいたるまでびっしりとつややかな春秋紋様が書き込まれているデザインアイデアは江戸期の「粋」様式である。
パリっ子は「隠された美」と絶賛した。パリの代表的なシェフは、この魔法の箱に盛り付ける料理のアイデアが次々に沸いてくると目を輝かしていた。「パリ深川店展」の自信作と思っている。
瑠璃陶箱
\150.000- (径19cm×17cm)