オンラインショップ 陶器専門店【独歩堂】へようこそ! 陶器のことならおまかせください。
どっぽどうの看板 マーク あのホテルの器 購入できる
ご注文・お問い合わせ
10:00〜19:00

フリーダイアルフリーダイアル 0120-39-3236
どのようなご質問でも構いません、
どうそお気軽にお問い合わせください!
ホームに戻るお問い合わせ百年やのページ総合案内

マーク
宮内庁御用達
深川製磁

深川製磁 門
深川忠次は、1894年(明治27年)に、世界の名窯を目指し有田町幸平に工場(FACTORY)を作る。 「精巧さのない磁器は、決して工芸と呼ばない。」とする忠次の思想が流れている工場である。  良品質な磁器を作るには、焼成・施釉・成形・絵付に、熟練した職人がいなければならないし、その総合力が、深川様式として独自の工芸性を発揮するのである。
英国ストックオントレントにある、ウェッヂウッド・ロイヤルウースター等が昔そうであったように階下が窯で階上が絵付場である。自然乾燥を重んじた忠次の設計である。成形は、細工場(さいくば)と呼び、その表現力は、無比の形を作り工芸磁器として深川の気韻を醸し出しているのである。

りゅうほうおう花瓶 りゅうほうおうジョッキー りゅうほうおう酒器揃い りゅうほうおう特大湯のみ
竜鳳凰錦手黄地 花瓶 竜鳳凰錦手黄地 ジョッキー 竜鳳凰錦手黄地 酒器揃 竜鳳凰錦手黄地 特大湯
2001年 巴里展記念
PARISフランス国旗 1900年のパリ万博、1904年のセントルイス万博で受賞し、明治期の日本陶磁器の名を世界に広めた。独特の様式美は世界中から愛されている。
へちまヌーボ花瓶 100年前の原型から生まれた19世紀の忠次製。
瑠璃陶箱 フランスのシェフを魅了した
コーヒーカップ 『アンティーク』と思いこませた深川工芸の手技。
コーヒーカップ 『エスプリ』とパリを驚かせた金魚の絵
金魚皿